淡々とタンタタン
 
~普通に語る。そんな、ふわふわしたした感じ~
 



どうぶつの国

本屋にて



ゆきと「あの~予約していたんですけど、いいですか?」

店員「はい、なんていうタイトルでしょうか?」

ゆきと「どうぶつの国っていう漫画なんですけど」

店員「はい、お名前よろしいでしょうか?」

ゆきと「はい、ゆきとです」

店員「え~と予約されている名簿に入っていないようなおですが」

ゆきと「そんなはずないですよ。間違いなく予約したはずです」

店員「そういわれましても。。。」

ゆきと「ちょっと待って、じゃあ少し電話してみる。」

(電話中)

ゆきと「ほら、電話で予約したって言うてますよ」

店員「そういわれましても、どうしましょうか・・・」

ゆきと「じゃあ電話変わりますか?」

店員「いや、それは困ります」

ゆきと「じゃあ、どうしてくれるんですか?」

店員「・・・」

ゆきと「予約特典の、抽選は出来るんですか?出来ないんですか?」

店員「少々お待ちください。。。(店長の所へと急ぐ)」




店員「よく確認したところ予約されていました。」

ゆきと「でしょ。おかしいなって思ったんですよ!(おかしぃな予約した覚えないのに)」


抽選も出来、いいもんが当たった。



っていう夢を見た(笑)

ちなみに、この時点で電話は通じてないし(笑)

ゆきと「ちょっと待って、じゃあ少し電話してみる。」

(電話中)

ゆきと「ほら、電話で予約したって言うてますよ」





いいがかりもはだはだしいわ。

なんやろね。本当に欲しかったんだろうな。

どうぶつの国の特典が。


ちなみに今日、本屋ではなくコンビニでどうぶつの国の単行本は買いました。

なんやろうな、この変ないいがかり仙人。


でも実際にやったら出来そうで怖い(笑)



Mar.18(Thu)22:05 | Trackback(0) | Comment(0) | 気になっている事 | Admin

Write a comment
Title
Content
Author
URL
eMail
Attach Image
Option
Auto smile sign convert
Preview

Certification Code    
Input same text please.
You can reload if this is difficult to read.
         
There is no comment.


(1/1page)