淡々とタンタタン
 
~普通に語る。そんな、ふわふわしたした感じ~
 



花火

もうそんな季節。

花火みたいな~という衝動は抑え切れないもんで、光が見えるとそっちへ向かっていく。



そんなある日。


花火だ~!うぉ~見に行くぞ!

って思って近づくも、光は見えても音は聞こえない。




な~んでか。



それはね。

光ってたのは、雷だったの。

雲の切れ間から見えたのは、イナズマ。


音くらいなればいいのになっていう気持ちと、イナズマでもいい~!と言う気持ちにはさまれたね。


あ~ふわふわ。



Aug.2(Mon)19:46 | Trackback(0) | Comment(0) | 気になっている事 | Admin

Write a comment
Title
Content
Author
URL
eMail
Attach Image
Option
Auto smile sign convert
Preview

Certification Code    
Input same text please.
You can reload if this is difficult to read.
         
There is no comment.


(1/1page)